au編

auユーザーが速度制限解除料金分の追加支払いを無駄にしないようにするにはどうしたらいいでしょうか。何度もいいますが、速度制限の対象になってしまうと残り日数を「魔の128kbps」で過ごすか、もしくは、追加料金の2,500円(税抜き)を支払わないといけません。

では制限を受けないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

自宅の回線に接続する&外出時はWi-fiスポットを利用する

まずは基本的なことですが、自宅にいるときにはiPhoneやスマホの通信は自宅回線のWi-fiを利用しましょう。特に動画などを視聴するなら必須です。間違っても通信量の多くなる動画などをモバイルの回線で視聴しないようにしましょう。むろんダウンロードなども同じです。iPhoneやスマホのアップロードが必要なときは必ず自宅の回線に繋いでからアップロードを開始してください。アプリのダウンロードや音楽の購入も極力、自宅回線経由にしましょう。

自宅回線をひいているもののまだ無線LANの設定ができていない。もしくは無線LANのやりかたが分からないという方もいるかもしれませんが、現在の無線LANルーターは非常に安価なものも多く、それでいてスマホだけで簡単に設定できるものも多いです。こんな簡単なの?ってレベルですから、まだ無線lanにしていないかたは早く変更しましょう。

自宅回線をフレッツ光からau光に変更

つぎの選択肢ですが、これはちょっと限定的になります。現在自宅回線がNTTの提供するフレッツ光なら、それをauひかりに自宅回線そのものを換えてしまおうという試みです。

ただauひかりはフレッツ光ほど回線網が充実してないので、物理的にひけない地域もあります。auひかりに回線変更をするとスマホの料金が2年間月1,410円割引きされます。しかも家族はみんな対象になる(最大10台)。料金も値引きされるし、スマホのパケットはau光につなげば、通信量の節約にもなる一石二鳥です。

自宅回線にauひかりがひけない

フレッツ光だと通信量しかメリットがない。といっても住んでいる地域によってはauひかり回線がひけない地域も多いです。

そんなときの選択肢がWiMAX2+の契約。自宅に回線ひいて無い人は検討してもいいと思います。

WiMAXを契約してauスマートmineバリュー(無料)に申しこむとスマートフォンの料金が2年間、月934円割り引きになります。あとは、外出時でも家でもWiMAXの電波が届くところでは出来るだけWiMAXの電波を利用すれば、スマホの通信料金を減らすことができます。

でもWiMAXの利用料は別途かかりますから、この方法は自宅回線を検討しているけど、auひかりがまだ引けない人か、毎月2度以上の追加料金をauに支払っている人が対象です。

WiMAXのお得な加入方法はhttp://xn--ecksf4b8bvixa8bxg0bb1i3834g264d.com/が参考になると思います

このページの先頭へ