月の中旬から下旬にかけて通知がくるスマートフォン恐怖の通信速度制限

「通信量が6.00GBを超えました。7.00GB超過で月末まで通信速度が制限されます。」毎月のように届くお知らせメールにはかなりウンザリしています。といいつつも、速度が制限されるととてもじゃないですが、使い物にならないために、泣く泣く通信速度制限の解除料金を払っていました。

そもそも通信量制限が各社7GBとというのはどうなんですかね?

昔とちがって通信速度は速くなっているし、ウェブサイトやブログをみても、画像がふんだんに使われている綺麗なサイトばかり、そりゃダウンロードしている容量はネットを見ているだけでもかなりの量になってしまう気がするのです。

パソコンよりもタブレットやスマホは日常的に持ち運べるのでそりゃ眺める機会も増えるのが当たりまえ。携帯各社は過去最高益とか寝ぼけたこと言ってないで、7GB制限を10GB制限に、さらには15GB制限にできるように、回線の整備と通信量制限の基準をもっと緩いものにしてもらいたいわけです。

それができないにしても、せめて今の通信制限されたときの速度「128Kbps」をなんとかして欲しい。もうちょっと速度がでてくれないと、メールすらまともに見られないというスマホが全くスマートじゃなくなってしまうわけです。

そんな文句を言っても恐らくは何も変わならいのでしょうけど・・・。で、どうせ料金を支払うならもっと有効活用できないか?って考えたわけです。

帯域制限の解除料金って高くない?

以下が各携帯会社の通信速度制限解除料金です。見事にフラット!!

au 4G LTEスマートフォンをご利用の場合…同月内のデータ通信量が7GB (ギガバイト) を超過した場合に、同月末まで通信速度を最大128kbpsに制限させていただきます。
当月ご利用のデータ通信量が7GB (ギガバイト) 超過後も、「エクストラオプション (通信速度制限の廃止) 」にお申し込みいただくことで、速度制限なくご利用可能となります。ただし、7GB (ギガバイト) 超過後、2GB (ギガバイト) 毎に2,500円のオプション料金が発生します。
softbank 4G料金プランおよび4Gパケット定額サービスをご利用のお客さまについて、毎月ご利用のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化いたします。 My SoftBankからお申し込みいただくことで通信速度の変更なくご利用いただくことができます[2Gバイトごとに2,500円(税込)かかります]。
docomo 128kbps通信解除(2GBごとに2,500円)のお申込みをいただくことで、128kbps通信に速度変更となるデータ量超過後も、通常速度でご利用いただけます。その場合、128kbps通信解除後のご利用データ量がさらに2GBを超過すると再度、128kbps通信に速度変更となります。

見事に各社「2GBごとに2,500円」かかります。これって高くないですか?

例えばauの料金で計算してみると、LTEフラットプランで月額が5,985円です。7GBで制限がかかるので、1GBあたりの使用料は855円。ところが超過分に関しては2GBあたり2,625円。1GBあたり1,312円です。おいおい!ちょっと高すぎるだろ!!!約1.5倍の料金を徴収しているわけです。素直に払っていた自分が馬鹿みたいです。

通信解除料金をもっと有意義に使うことを考えてみた

あまりにもこの通信解除料金を払うのがバカバカしいと思いつつ、128kbps制限は耐えられない。どうしようかと思っていたのですが・・・。

ありましたよ!解決策!!

僕としては、解除料金がかかるのは現時点で避けられないので、支払うのは仕方ないと思いつつも、その費用を有意義に使いたいわけです。若干、2GBのために2,625円を支払いたくはないですから。

そこで思いついた解決策がこちらです。

WiMAXのモバイルルーターを持つことにする

そもそもスマホのLTE回線は各社制限がかかります。その制限を解除するためだけに2,625円は痛い。それも多いときで複数回支払うとなると・・・。

それならば、モバイルルーターを1台もっておくのとさほど料金は変わらないのではないかということです。

モバイルルーターは電波を中継する小さな端末です。これを持っていると、ノートパソコンだろうが、スマホだろうが、wifi通信でインターネット接続することができます。月々定額ですし、WiMAXなら使い放題ですし。

モバイルルーターを契約する最も多きなメリットは「通信量を気にしなくて済む」ということ。Youtubeをこれだけ見たらウンザリするような速度に制限されるから、今日はちょっとにしておこうとか。大学の講義の合間に時間ができた。暇な友達も見つからない。こんなときは映画でも観るか・・・。iTunesStoreでレンタルできるし。でも通信量が・・・。こういう余計な心配から開放されるのは助かります。

モバイルルーターは電源を入れれば基本的にすぐに利用できるし(スマホ側でwifi設定すればOK)、料金も月に3,600円くらいで利用できるで、制限の解除のためだけに2,500円支払うと思うと絶対お得だと思います。

WiMAXをお得に契約するなら>>wimax比較

スマホの通信速度制限解除料金を賢く使う方法はご存知ですか?について

スマートフォンを使っていて問題になるのが、通信料が一定量を越えたときに かかる帯域制限(通信速度制限)。帯域制限はモバイルネットワークの混雑対策の一環として各キャリアがヘビーユーザーへの対策として設けていた対策のことです。ところが携帯電話からスマートフォンに変わり、誰でも家のパソコンを使うようにインターネットに接続できるようになったためにもはやいまの通信料制限というのはかなり厳しいです。au、ドコモ、ソフトバンクともに月の通信量が7GB以上になったときには、そこから月末まではインターネットの通信速度が128kbpsが上限に制限されます。現在のスマートフォンは通信の制限がかかっていない状態で、au 4G-LTEが下り最大75Mbps、ソフトバンクの4G LTE下り最大75Mbps、ドコモ Xi LTEで下り最大112Mbpsということになっており、128kbpsというのはこの最大速度から比較すると1000分の1程度の速度になってしまうということです。普段のネット接続と比較すると致命的に速度が落ちます。というよりもまともにネット接続できない環境にはやがわりという、もはやスマートフォンが意味をなさないという事態になります。もちろん各社キャリアは制限を設けているものの制限解除の方法も用意してくれています。それが追加料金を徴収すること。すでに利用している方も多いかもしれませんが追加で通信制限解除料金を支払うことによって超低速の128kbpsを解除して通常のLTEの速度で通信することができるようになります。イーモバイル キャンペーン 比較でイーモバイルを購入すれば、その分無駄な費用を使用せずに済むでしょう。しかし各社この帯域制限の解除に2,625円を支払わなければなりません。しかも2,625円も支払うのに次の上限は2GBです。2GBをすぐに消化してしまうと再び通信制限がかかるということです.通信速度を無制限で利用するならWiMAXおすすめプロバイダ

このページの先頭へ